読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

動物看護士おもちせんせいの ペットと健康でハッピーなくらし

動物看護士おもちせんせいです。動物病院をはじめ、様々な動物業界で仕事をしていました。その経験を活かし、職場でのエピソードやペットや動物との正しい暮らし方を紹介していきます。

動物病院体験記

混合ワクチンの重要性!適当な飼い方はしないで!それって本当に猫が好きなの?多頭飼いしすぎる人

犬は散歩をしなくちゃいないし、なにかとお金がかかるでしょ。だからうちは猫を飼っているの。 この考え、どうなんでしょう。実際、こういった「猫はお金がかからず散歩もいらないから気軽に飼える」と考えている方が多いのが現状です。飼育スペースも狭くて…

GW間近、うちのペット、どうしますか?:ペットのホテル事情

最近は、『ペット』という呼び方も嫌がる方が増えてきました。「家族」だったり、「コンパニオンアニマル」「コンパニオンバード」といった言い方をしないと、怒る方もいます。日本のペット事情も、だいぶ変わってきたのですかね。 GWが近い今日この頃、旅行…

動物看護士24時

今日は、動物病院で看護士として働くことについてお話しします。最初に言っておきたいのは、これはあくまでも私が働いていた現場のお話であり、全ての動物病院がそうであるというわけではないということをご了承ください。 動物看護士の資格 動物看護士に人…

身勝手な飼い主:末期がんのセントバーナード

始めに私事ですが、祖父の葬儀が無事終わりました。とは言え、まだまだばたばたしているのが現状です。小春も懐かせるために大切な時期なので、長時間放置で申し訳ないです。空いた時間は小春をあやしているので、なんとも時間が取れない日々です。 今日の話…

動物病院体験記:「こんな犬もういらない」、愛犬家が言い放った衝撃の言葉

この体験は、私にとってとても衝撃的でした。愛犬家は、皆犬が好きだから飼っているのだという考えを、大きく覆された出来事でした。 ある日、一匹のマルチーズが病院に運ばれてきました。どうやら車にはねられてしまったようです。緊急で処置をほどこし、一…

熱湯をかけられた猫、シロの奮闘記 その2

シロの闘病生活 シロの治療は点滴による水分補給、酸素濃度の濃い部屋と徹底された温度管理での生活。抗生物質の投与、そして軟膏処置です。シロの火傷の範囲は全体と広く、軟膏処置には2人がかりで行う大変な処置でした。包帯とり、消毒との添付、そして再…

熱湯をかけられた猫、シロの奮闘記 その1

私が動物病院に勤務している時、こんな事件がありました。 熱湯をかけられた猫 私が働いていた動物病院は、動物病院としては比較的規模が大きな施設でした。日中は獣医が5人、看護士は15人ほど常勤していました。私はその一看護士として勤務していました。 …