読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

動物看護士おもちせんせいの ペットと健康でハッピーなくらし

動物看護士おもちせんせいです。動物病院をはじめ、様々な動物業界で仕事をしていました。その経験を活かし、職場でのエピソードやペットや動物との正しい暮らし方を紹介していきます。

セキセイインコとコザクラインコペレット切り替え奮闘気:後編

3か目からの様子

ペレット生活が始まって3日目。こはるは仕方なくぽつぽつ食べ、セキセイ兄弟は餌箱を覗いてはがっかりの日々・・・。こはるはどうにかいけそうですが、セキセイ兄弟は無理かもしれない、そう思い始めてきました。毎日、色々情報を集めました。このペレットは食べるけど、この種類は食べない。そういう情報も聞いて、さっそくほかのペレットも注文しました。私が注文したペレットは、

  • キクスイ
  • ズプリーグ
  • 黒瀬
  • ラウディッシュ

です。これらが原材料を見ても安全であり、長く与えられそうだっらからです。ほかのものは、着色料を始めた添加物が入っているものが多く、私の候補からは外れました。
f:id:omochi-fly-hara:20170410094600j:image

 

セキセイ兄弟は、お腹が空いて毎日餌箱を覗いてはがっかりする日々・・・。何か良い方法はないだろうか。そう思っていた時、「1週間後くらいにぽつぽつ食べ始める」とのこと。私はこれで大分気持ちが楽になりました。そして、どんなインコでも必ず食べる。途中であきらめると、我慢すればシードをもらえると覚えてしまう。ともありました。これは、あきらめてはいけない!!

 

栄養バランスが整えば、もしかしたらさからの抜け毛もよくなるかもしれない。そう思い、頑張り続けることにしました。そして、同時にインコにばかり空腹にさせては面目ないと、私も一緒にダイエットを始めました。これはインコにとってはなんの得もないのですが・・・。一緒にお腹をグーグーならす日々・・・。
f:id:omochi-fly-hara:20170410094624j:image

こはるの食べ方

こはるはまだ2カ月だからか、よくわかりませんが、すりつぶし方が半端ないんです。で、ペレットを食べてくれますが、粉状になったものが餌箱にたくさん・・・。見ていると、食べてもいるようなのですが・・・。粉状になった分は食べていないので、量を多めに入れることにしました。そういえば、シードを与えていた時も、お弁当をいっぱいつけていたものです。

ズプリーグがやってきた!

キクスイを与えていましたが、ズプリーグが届きました。これは人気の商品なようで、嗜好性も良いらしいとのこと。期待して与えてみたのですが・・・。誰も食べてくれませんでした。キクスイと比べると、硬いんです。こはるも、食べてみますがはじいて飛んで行ってしまうようです。

5日目の進展

5か目、ふとさかたとクラウンの小屋に目をやると・・・。なんと、さかたがちょっと食べた!これには感動です!!2羽だいたいなにをするのも一緒なので、どちらかが食べて食べるものだとわかれば、自然にもう一方も認識するはず!!えらいぞさかた!!

6日目の奇跡

6日目、昼間に餌箱を覗くと・・・!!餌箱が空っぽ!!え、なに?こぼしたの!?下を見てもなにもない・・・。まさか・・・少しペレットを足してみると、すごい勢いで食べている!!とうとう、日中の空腹に負けたようで、しかも食べてみたら案外食べれたらしく、さかたもクラウンもペレットを食べてくれました!!

10日目

順調にこはるもセキセイ兄弟もペレットを食べるようになりました。そして、いまさらながら黒瀬とラウディッシュも届いたので、キクスイに混ぜてあげてみることに・・・。うーん、あんまりわからないらしく、基本どれでも食べますが。うちは、キクスイで固定でいいかな。キクスイは、保管管理も自社でしっかり行っているので、安心です。たぶん2番目に人気なのは黒瀬です。どちらも国産ですね・・・。海外の粒のほうが形がまるくて固めなようです。

徐々に・・・

それでもやはりシードが大好き。夕方になるとそわそわしだします。ちゃんとシードの時間を覚えているんですね。こはるにも、セキセイ兄弟にも夕方には1gシードを与えてあげます。1日のご褒美に。すぐに全部食べてしまうので、えりごのみはしていないようです。徐々にシードはたまにあげるくらいにしていきたいと考えています。しかし、シー買ったばかりでまだたんまりある。どうしよう・・・。

セキセイインココザクラインコ、ペレットへの切り替えまとめ

おさらいしておくと、私が行った方法は、

  • うちの場合はみんなキクスイを食べる
  • 最初はペレットに誘導してみる(できる個体ならば)
  • 朝はペレット、夕方にシードを足す
  • 朝にはすべて新しくリセットし、またペレットだけにする
  • ペレットの量は体重の10%
  • 1週間は食べないと覚悟する
  • 夕方のシードの量は、腹8分目くらいにする

私はこれで成功しました。2カ月のおこちゃまインコと、10年間シードで生活してきた荒鳥さん、みんな無事切り替えられました。うちの場合は、全員キクスイを食べるので助かります。殻のカスも減り、セキセイたちも性格が大人しくなったように感じます。放鳥も制限できるようになったので、部屋の汚れも大分ましになりました。

 

飼い主が工夫をすれば、こんなにペットとの生活は変わるものなのだなあ(良い意味で)と考えを改めさせられました。