読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

動物看護士おもちせんせいの ペットと健康でハッピーなくらし

動物看護士おもちせんせいです。動物病院をはじめ、様々な動物業界で仕事をしていました。その経験を活かし、職場でのエピソードやペットや動物との正しい暮らし方を紹介していきます。

日本のペットフード事情:その1

ペットフードってたくさんあって、見てるだけでも楽しいですよね。特にパウチ商品はおいしそう・・・。でも、犬猫にとって見た目ってほとんど関係ないんですよね。だから、パウチなんかは特に「ヒト」目線で作られているというか・・・。栄養バランスが良くないし、品質も悪いので注意してください。

ペットフード選び

色んな種類のドッグフードが発売されています。みなさんは、どのフードを与えているでしょうか。犬猫どちらもあります。犬猫ともに、これだけは最低見てほしいのが、

  • 主原料は肉!(肉類、ミート・ミール、チキン等といったあいまいな表記除く)
  • トウモロコシ、小麦、米などの穀類は使わない
  • 人工の保存料や添加物、調味料保存料を使わない=無添加

であることです。どうしても、米や小麦なんかは、私たちの主食になるので良いのでは?と思いがちなのですが、わんこやにゃんこは唾液で消化できないんです。しかも、元々食べてきたものが「お肉」ですから、消化に悪いんです。また、人間とは摂取する栄養バランスも違います。犬は多少の炭水化物は必要としますが、猫は真性肉食動物と言って、簡単に言うと、肉と水で生きていけます。

穀物

 

で、穀物ってほとんどのフードに入っていますよね。犬猫は穀物にアレルギーを持つ子も多いんですよ。なぜ不向きな材料が入っているかというと、かさましと低価格を作るためです。つまり、お金を払う人間向けの商品というわけです。

 

穀物はお肉より安く仕入れることができます。だから、穀物をたくさん使用することで、安上がりな商品ができるということになります。まず、良質な穀物は私たちが食べます。次は、家畜のエサになります。そして、最後に残った残りかすがペットフードに使用されています。ちなみに、安価なフードの肉に関しても同じことがいえます

ドッグフード、キャットフードを与えれば安心!?

 

日本はやっと人間の食べ物からドッグフード、キャットフードを与えたほうが良いという認識が一般的になってきました。ですので、まだペットフードの内容までは認識が行かないのが現状です。

 

日本のペットフードを置いてある場所を良く考えてみてください。ホームセンターの、洗剤の横、ペットショップの生態の脇・・・。そう、ペットフードの扱いって、食品じゃないんですよ。じゃあなにかというと、「雑貨」です。だから、品質の良い商品は、基本的に通販でしか購入できません。なぜならば、そんな温度管理も適切にされていないような「雑貨」を置くところに置いておけないからです。

 

このように、ドッグフードであれば、犬には安全。猫にはキャットフード与えればいいという認識の浅い日本の消費者に対して、「いかに安く大量に生産できるか」といった、メーカーが多く存在します。犬猫の健康のためではなくて、お金儲けの為です。

 

これでも、昔は人間のご飯の残りを与えていました。だから、良くなったんです。でも、イギリスやヨーロッパ、アメリカなんかの先進国と比べると、本当に日本はひどいです。すごい過保護にするわりには、フードに対する重要性って案外日本人は薄いんですよね。いまだに、人間の食事を与えている人も多いでしょう。また、高齢の方は昔の飼い方をまだしている方も多くいらっしゃいます。まだまだ、日本のペット事情は発展途上だと言えます。

 日本の「ペットフード」安全法

 

さらに、先日も述べましたが、犬猫には最低限のルールである「ペットフード安全法」という法律が最近できたのですが、その中には鳥類なんかは含まれていないんです。非常に悲しいですね。ペットフード安全法の内容は、ざっくりいうと、

  • どの動物に対するフードか(犬か猫か)
  • 総合栄養食かおやつかなど目的の表示
  • 原材料、成分の表示
  • 賞味期限の表示

の義務などです。つまり、すごく初歩的なものです。原材料の内容については決まりがないので、ゆるゆるなんです。インコの食事なんかは、原材料すら記載しなくても良いんですよ。つまり、なにがどれだけ入っているか、全く謎・・・。こんな怖いことはありません。

 

長くなりそうなので、一度ここで区切りを入れたいと思います。